40. <とある女性高齢者の真実>

a0294250_2141426.jpg

a0294250_21411952.jpg

a0294250_21413468.jpg

a0294250_21415025.jpg

[PR]
by orangee29 | 2016-01-21 21:43 | ほんじつの山田さん | Comments(2)
Commented by UNEN at 2016-02-04 17:55 x
 最近、曽野綾子さんの新書を読んでいたら、「晩年に美しく生きている人というのは、できればごく自然に、それができなければ歯を食いしばってでも、一人で生きることを考えている人である」と言う一文に出会いました。
「世間が」ではなくて、「自分のしたいように」「優先順位を決めて選択していく」「どちらかを選べば、別のものは捨てているのだ」ということを覚悟(自覚)して生きていくことが大切なような気がします。それは、独り身であろうが、家族があろうが、同じと思う。
 ちょっと理屈っぽくなりました。失礼!
Commented by 蟻乃 at 2016-02-06 19:29 x
UNEN様
私は幸か不幸か独り身なので、「一人で生きることを考えている人」になります。
(美しく生きれるかしら?/笑)
私が思うに、今の社会は「一人」や「孤独」という言葉に対する拒絶反応が強すぎる!
やけに人付き合いの素晴らしさを強調されている気がするのですが、現実にはそれで苦しむことも多々あるわけで。
私は人間関係にあまり重きをおかず、上手くいかなくて当然くらいに思った方がいいと考えています。
それが運よく上手くいったときには、その縁に非常に感謝すればいいと思うのです。


<< 41. <老後について考えた> 39. <私と私と私と私> >>