45. <普段通り~いつかは必ず(前編)>

a0294250_10582672.jpg

a0294250_10591734.jpg

a0294250_10593462.jpg

a0294250_10594725.jpg

[PR]
by orangee29 | 2016-06-19 11:03 | ほんじつの山田さん | Comments(2)
Commented by 仲村志郎 at 2016-06-20 17:59 x
すごいネタをブッ込んできましたね…。現実を漫画に起こすってこういうことですよね。
アリノさん自身にもなんらかの困惑とか不安とかあるはずなのに、
それさえも漫画にするという、
自分自身をキャラにして、表情を客観的に描いてしまうというところがすごいです。

自分で自分自身を意識しない描き方をしないと、僕は自分の体験を漫画の材料にすることも出来ません。
自意識過剰、自己嫌悪、羞恥心、そういうものに邪魔されます。
主人公に感情移入して、自分の体験したエピソードを描こうとしても、
そのエピソードがトラウマのように自分を苦しめるんです。
自分をだましだまし描いています。
自分の体験を恥ずかしがらずにパキッと描けるアリノさんはすごいと思います。

現時点でお父さんに対して罪悪感があるのなら、何か踏み出さない限りそれは強くなると思います。
急に何かあげるとか、旅行に一緒に行くとか(悪いことではないけど)そういうことではなくて、
お互いの間にある堅い空気がほころんだり、「今まで知らなかったけど、こういう人だったんだ」という体験が、これからの数ヶ月にあったらいいなと思いました。

あと、自分の話で申し訳ないのですが、
今月の初め頃、東京のある出版社に持ち込みに行ってきました。
自分の漫画が載ってほしい雑誌を一つに絞り、そこに行ってきました。
結果からいうと、「惨敗」です。
新人賞に出品すら出来ず。
ただ編集者さんから言われたのは、
ここで言ったのはあくまで個人的な意見。他の編集者が見たら違う事言うかもしれないし、
他の出版社の編集者に見せたら、「これがいい」と言う可能性もあります。
なので必ず他の出版社にも必ず見せてください。とのことでした。

Commented by 蟻乃 at 2016-06-21 22:18 x
仲村志郎様
嬉しい内容のコメント、ありがとうございます!

ただ、私が自分の体験を恥ずかしがらずに描けるのは、年齢によるところが大きいと思います。
私も2、30代の頃は「自意識過剰、自己嫌悪、羞恥心」のカタマリでしたよ。相当ヒドかった(笑)
コンプレックスを発端に「他人から良く見られたい」という思いが肥大。
特に30代前半は、同世代がどんどんしっかりしていくのもあり、「こんな漫画描いてたら、バカだと思われるんじゃないか?」
「もっとカッコよくて賢そうな漫画を描かなくては…」なんてのたうってたから、描くのがちっとも楽しくなかった。
でもある時「ダメな自分をさらけ出す苦痛」より、さらけ出してウケるのなら、そっちの方がいいんじゃないかと思えたんです。
そうして40過ぎた今では、「他人の目」を気にするどころか、気にしなさすぎ。
まさに、おばさんです(笑)
(因みに私は、社会的制約から一番自由なのは、小学生男子とおばさんだと思っています)

さて、持ち込みに行ったとのことですが、その結果は「惨敗」ではなく「普通」です!
一つの雑誌に持ち込み、その時偶然対応した編集さんに即、見いだされ…なんてことは、現実にはまずありえない。
なのでその編集さんの言う通りだと思いますよ。いろんな人に見てもらった方がいい。
ただ誤解を恐れずに言えば、評価の際言われたことは、あまり真に受けなくていい。
もちろんいろんな人に見てもらい、いろんな意見を聞くのは大切ですが、自分の経験からいって、すべてをまともに聞いてたら、
わけわかんなくなっちゃうんですよ(笑)
なのでその漫画で自分が何を描きたかったのか、今後どうしていきたいのかを見失わない程度に、右往左往すればいいと思いますよ。


<< 46. <すい臓ガン~いつかは... 44. <実感したよ!社会の構造> >>