54. <売れない漫画を描く保険>

a0294250_1829402.jpg

a0294250_18295925.jpg

a0294250_18301647.jpg

a0294250_1830356.jpg

[PR]
by orangee29 | 2017-03-19 18:33 | ほんじつの山田さん | Comments(4)
Commented by rokkou-minoru at 2017-03-21 16:54
はじめまして。
最近ブログにて自作コミックのアップを始めた者です。
同じような方いらっしゃらないかとここにたどり着きました。
背景の処理とかお上手ですね。
私は20代、30代に投稿しても万年予選落ちでプロを諦め、趣味の紹介で20年ぶりにペンを握ったので仕上がりがひどいですが、よろしければ感想などいただけると幸いです。
http://syutaibu.exblog.jp/
Commented by 蟻乃 at 2017-03-22 21:03 x
rokkou-minoru 様
コメント、ありがとうございます。
古墳をテーマにした漫画なんて、とても変わってますね!
ページも長めだし、やはり描くことがお好きなんだと感じました。
お互い若くはありませんが、コツコツ描き続けましょうね(^_^)/

Commented by 仲村志郎 at 2017-03-31 14:26 x
※前に使ったハンドルネームは、すごく強気な状態で作った名前なのですが、私の今の状態には合わず、戻します。笑(知ったこっちゃねえよ、って言ってください。笑)
今回のアリノさんの描いた漫画は、話題として、今の自分にとってすごくタイムリーで、ズキッとしました。
私は、家族たちから白い目で見られながら、短時間バイトしか労働せず、残りの時間は、金にならない漫画を毎日睡眠を削って描き続けました。
でも、社会保険や、食費の一部を自分の収入から捻出しながら、十分に漫画にお金をかけることはできませんでした。
ネット上で漫画を発表もできず、出版社に出しても足元を見られ、このままのやり方で描き続けても、私の人生も漫画も、良くはならないと判断しました。

それに、私は、漫画も描きたいですが、結婚もしたいし、子育てがしたいと思っている人間です。
漫画家になるというのは、就職活動だとか努力という話ではなく、
以前、アリノさんが言っていたように、『なれればラッキー』という突発的な要素だと今は思います。
ピクシブでランキング上位を狙うとか、そういう方向の努力だと思います。

私は、元々、介護福祉士の経験があり、資格もあります。
介護の仕事のやりがいや意味を知っているのに、多忙すぎる、助けも求める相手すら作れない状態で、働き続けて、
体も心もボロボロになって、こんなに素晴らしい仕事なのに、続けることができない自分を憎みながら、介護から去りました。
介護から離れるために生み出した新しい目標が漫画でした。

私の人格や心のベースになっているのは介護の経験だと、今の職場でお客さんと接するうちに気づき、
転職活動をし、近々病院での介護福祉士になることになりました。

一年くらいは全く漫画を描けないかもしれないですが、お金を貯めて、一人暮らしをして、パソコンもスキャナーも、
いろんな画材を使って、ネット上に漫画を発表するつもりです。

漫画家になりたいより先に、心や感情がこもった漫画を描いて、
それを人に読んでもらえる環境を作ります。

いつかアリノさんに読んでもらえるなら、嬉しいです。
Commented by 蟻乃 at 2017-04-02 11:55 x
仲村志郎様
決断されたのですね。
私は他人の人生に口出しできる身分でも立場でもないのですが、
現時点では、それが最善策であると私も思います。
仲村さんの文章からも落ち着きが感じられるし、
ご自身も転職が成功し、緊張感はありつつもどこかホッとしておられるのではないでしょうか。
そうやって一生懸命もがいて、自分自身で出した答えには、きっと後悔は無いと思いますよ(^_^)v

仲村さんの漫画が読める日を楽しみにしてます。


<< 55. <どうにもこうにも3代目> 53. <私の人生を変えた運命... >>